サポート笛について思うこと
さてさて




覇種ドラですが、それなりに連戦してみたのですが私がやった感じ、刀神玉鋼3(麻痺剣2猛毒剣1)とサポート回復笛1が一番安定して速かったですねー
b0177042_2164097.jpg

このPT構成の際の刀神は玉鋼がデフォでそれなりに長い紫ゲージですので大刀神である必要はないのかなと思います。ただ大刀神だと剣晶を途中で外せば最後まで斬れ味落ちなったりはしますね。



やっていて感じたのはやはり生命線を握ってるのは刀神ももちろんですけど、サポートの狩猟笛ということ。
狩猟笛が旋律きらしたり回復が遅れたりするとその時点でクエ失敗してしまったりすることがありますので非常に大事だと感じます。

ポイントさえわかっていればサポート狩猟笛が一番装備の要求ラインは低いですので、募集には参加しやすいのですが、非常に重要な役割を果たしますので最低限の準備、立ち回りは把握しておいて欲しいなと思います。
そこで、今回は私の考えるサポート笛についてちょっと記事にしてみようかと思います。



まず基本中の基本ですが、
狩猟笛の各旋律と効果時間を把握しておくこと。
普段から完璧に覚えていなくてもクエ参加前にかならず確認しておくといいかと思います。
b0177042_218509.jpg

今回の覇種ドラの場合であれば必要な旋律は攻撃大、麻痺無効、気絶無効。
このうち麻痺無効と気絶無効は重ねがけしておけば(もちろん名人つきで。)なんと7分30秒も旋律がきれません。
それに対して、攻撃大は2分ちょいで切れてしまいます。ですのでこの覇種ドラの場合開幕に攻撃大と麻痺無効、気絶無効すべてを重ねがけさえすればあとは基本的に攻撃大だけを気にしておけばokということですねw
麻痺無効と気絶無効は針が動いたら重ねがけするようにするといいのではないでしょうか。
ただ麻痺状態は根性を貫通しますので、最速で入れたほうがいいかな?



次にスキルですが、サポート笛をやるときに絶対につけて欲しいのは狩人珠スキルの、『へそくり回復術』です。基本的に大。何があろうと小はつけて欲しい。狩人珠の二段階とそれほどきつくないのでサポート笛で行くなら最低限のラインだと思ってもらえたらと思います。効果としては『回復アイテム使用時に1/10の確率(小だと1/12、中だと1/11)でアイテムを消費しない(1クエストで小と中で5回まで、大だと10回まで)』というもの。これが結構違ってくるのですよねw
また、回復を即効でいれないといけませんので早食い、それから広域2は絶対に必要です。

あとは回避性能や超耳、龍風、根性などの保護スキルを入れます。サポート笛というのは言ってみれば全員の命綱みたいなものですので、ここが陥落するわけにはいかないと考えるといいと思います。

私の場合であればサポート笛でいくときには、笛吹き名人、早食い、広域2、超耳、龍風、根性、回避2は最低限いれるようにしています。これに奏帝、麻痺剣などのスキルを状況とモンスターに応じてつけていきます。狩人スキルはへそくり術と調合術大で安定です。

ちょっと簡単に組めるので作ってみましたけど
b0177042_2294974.jpg

カフ:                   根性カフPA1 ●
武:                   根性珠G 笛吹珠G ○
頭:超絶のピアスⅥ      Lv7  66 音無珠G 音無珠G
胴:カウチュHCベスト・灰  Lv7 142 俊避珠G 軽足珠G 軽足珠G
腕:神楽【篭手】SP黒  Lv7 109 早技珠SP・真
腰:神楽【腰当て】SP黒  Lv7 109 気短珠SP
脚:神楽【袴】SP黒   Lv7 109 気短珠SP

防御力:536 火耐性:1 水耐性:1 雷耐性:1 氷耐性:1 龍耐性:1

発動スキル
早食い,超高級耳栓,龍風圧無効,回避性能+2,広域化+2,罠匠,毒半減,笛吹き名人,根性,武器捌き

これで必要スキルは十分なのであとは立ち回りだけだと思いますねー




立ち回り
次に立ち回りですが、これは人によって意見は違うのかもしれませんが私の優先順位は
回復>旋律維持>>攻撃支援>>>>>攻撃 です。

回復と旋律維持は言うまでもないですが、できたら攻撃支援まで行っていきたいところです。これは怪力の種を広域で飛ばすとか鬼人笛吹くとかこういうのですねー
で、基本的には私は、攻撃にはほとんど参加しません。状況によって『ほぼ絶対に』攻撃を食らわないと確信があるとき(例えば麻痺中、もしくは確定で入る威嚇などの隙)以外は殴りません。
それは殴りにいって、他のメンバーと同時に攻撃を食らってしまったらそのメンバーへの回復が遅れるから・・・です。一番おかしいのは殴りに行って吹き飛ばされた笛の回復を火力がやるというパターンが生じてしまうのは最悪だと考えています。
これがサポート(回復)笛として入ったのでなければ別に殴りに行ってもいいと思うのですけど、サポート(回復)笛として入る場合であれば徹底するべきポイントだと思います。
ですので、私はこういった笛として参加するときには絶対の親方笛にしているのですよね。


大体こういうところかなぁ・・・
あとは笛で参加する際にも必要な回復役として参加するわけですからその意識をもって、自信がないのであれば事前にソロで20分くらいなり、旋律を維持しながら攻撃を避ける練習をしていくとか準備をしていくといいと思います。
笛の回復を火力がする、回復薬が死んでしまう、旋律を切らすというようなことにさえならなければとても必要とされている役割でもありますのでがんばってみましょーw
奏帝あったほうが当然楽は楽ですので私は奏帝でいきますけど、別に奏帝はあったらあったほうがいいけど、別になくてもいいんじゃないかなと思っています。奏帝作るくらい笛好きな人って目でみますので信頼はしますけどねw




ブログランキング参加しています。ポチリと押してもらえるとすごくうれしいです^^
MHF・ブログ
[PR]
by hirahiratti | 2013-01-12 02:33 | MHF装備紹介
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
ご報告
at 2017-01-01 00:36
更新中断のお知らせ
at 2014-12-18 02:28
狩猟笛を二本作成したw
at 2014-10-18 11:36
第78回狩人祭その名は「スピ..
at 2014-10-13 04:26
支援スキル狩猟笛装備作成
at 2014-10-11 02:48
検索
ブログパーツ
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧